高千穂の技術

高千穂だけのONLY ONEを実現する、他社にはない技術。
お施主さまのこだわりやくらしだけでなく、環境・自然にも配慮した高千穂の技術。

OMソーラー

OMソーラーイメージ

OMソーラーシステムなら、

  • 快適に暮らしながら、無理なく環境貢献ができる
  • 空気が常に綺麗で、いつまでも健康に暮らせる
  • 広々とした空間でも、いつも足元から暖かさが包んでくれる

住まいづくりには、多くの物質を必要とします。また、現在の住まいにおいては、快適さや利便性、経済性のために、電気やガスといったエネルギー消費量が大きく増加し、化学素材や工業製品が多用される事から、さまざまな問題が発生しています。
環境に負担を掛ける現状の方法には明らかに限界があります。
快適さ・利便性・経済性を犠牲にすることなく、環境への負担をできるだけ低減する事。
高千穂は、住まいづくりの現場から様々な取り組みを続けてきました。

私たちが快適と感ずる室内温度は20数℃。給湯にしても、必要な温度はせいぜい40〜60℃程度です。生活に必要とされるエネルギーくらいは、身近な環境エネルギーでかなりの程度は賄う事が可能です。
OMソーラーは、特別な機会を用いず、家のつくりを工夫することで太陽エネルギーを床暖房や給湯に活用しようという住まいづくりの方法です。高千穂は、OMソーラー協会発足以来のリーディングメンバーとして、全国でもトップクラスの実績を重ねてきました。

OMソーラーの仕組みは至ってシンプルです。屋根面で集熱した空気を床下に送り、土間の蓄熱コンクリートに蓄熱し、安全で健康に良い床暖房として利用します。また、床暖房の他に給湯、夏場の採涼、換気効果など多様な幡荒木をする事で、年間を通して省エネに貢献し、快適さを維持します。

OMソーラーの家づくりでは、設計段階で家の熱効率やアメダス気象データをもとに性能をコンピューター・シュミレーションし設計をより完全なものとするため、確実な省エネ効果を発揮し、経済産業省の優良省エネ技術として公庫の割増融資の対象にもなっており、今最も成功してる「パッシブソーラーシステム」と評価が高く、パッシブソーラーにおける80%以上のシェアを占めています。

自然エネルギーを利用するために費用がかかるのでは、本末転倒です。
OMソーラーは、住まいの熱効率や熱代謝を徹底的に科学した「家づくりの方法」ですので、特別な設備もなく、従ってランニングコスト及び維持費はごくわずか。 あなたの好きな構造、工法、好きな設計で建てることができ、面倒なメンテナンスも要りません。普通の暮らしに無理や負担をかけず、自然なやり方で自然エネルギーを活用することがOMソーラーの一番の長所であり、全国に普及した理由でもあるのです。

OMのメリット

高千穂は、OMのメリットばかりを強調するつもりはありません。OMにもそれなりの製薬は当然あります。雨や曇りの日には、床暖房も給湯も不十分でしょう?その通りです。その時には補助暖房や追焚きで補うことになります。相手が自然であれば、自然のリズムに合わせた考え方が必要となってくるのです。 でもね。高気密・高断熱のOMの家は、冷暖房効率も良いですし、水だって少しでも温まっていれば追焚きもラク。ここはひとつプラス思考でいきましょう。

OMのメリットはとても魅力的だし、それに快適ですもの、ね。

  • 「快適住宅」です。
    OMの床暖房は、トイレやキッチン等をも含め、全室を均等に温めてくれます。また、家の中を絶えず新鮮な空気が流れているので、住んでみると、予想以上の快適さをっ感じていただけると思います。
  • 「健康住宅」です。
    OMは床暖房なので、寒い日にも素足で大丈夫。足元からの暖房と同時に換気も行うので、健康にもとても良く、鼻炎や喘息、リューマチやアトピーの方々にも適しています。室内のダニの発生を抑えてもくれます。
  • 「安全住宅」です。
    火を使わない暖房なので、ヤケドも、火の元の心配も、室内空気の汚れもありません。集熱ダクト内の温度は通常の発火温度のはるか下までしか達しませんので、発火の危険もありません。
  • 「交流住宅」です。
    空気の流れが大切なOMの家は、開放的な間取り設計となり、冬でも快適に過ごせる吹き抜けや大広間が可能となります。ゆったりとした空間は家族を集め、団欒の時間も増えてまいります。勿論、大広間を必要としない場合へ技術的対応もございます。
  • 「経済住宅」です。
    OMソーラーの維持費は小型のファンの電気代程度なので、一日数十円と安いものです。夏涼しく冬暖かい家なので、冷暖房や給湯用の費用は、年間を通じてかなり減少します。床下や室内に空気がこもらないので、家の寿命も大きくアップします。