高千穂について

住まいの夢を共に語りたい。
横浜市、川崎市全域、その周辺市町村を中心として、
20万世帯をこえる方々からご愛顧をいただいております。

高千穂は環境を通して住まいづくりを考えています。

通常、工業化住宅は合理的で住みやすく、品質の良い物と考えられてきました。しかし、普及後、時が経って、画一的なプランや材質に飽きがきたり、ほとんどの工業化住宅が法的に増改築できないためライフステージの変化に対応しづらいことが分かってきました。20〜30年のライフステージにしか対応できないようでは本物の住宅とは呼べません。住まいは、構造的にもまた空間的にも、最低50年以上の使用に対応できることが望まれます。

高千穂では、次の4点にそった住まいづくりを心掛けています。

  1. 丈夫で耐久性に優れていること。
  2. 安全で使いやすい造りであること。
  3. 安らぎに満ち、飽きのこない洗練された空間構成であること。
  4. ライフステージの変化に備え、増改築や間仕切り変更に対応できるプランであること。

住み継がれていくことの価値 住まいは20年以上住んで初めて人に馴染みます。物事を、もっと長い暮らしの周期で考えたい。昔の住宅は、それこそ何代にもわたって住み継がれてきたのです。
年月に磨かれてこそ美しさを増していく住まいを創ろうと、高千穂では、ひとつひとつ独自の試みを重ねています。何代にもわたる大きな家族の愛情、そして暮らしをしっかり受け止めてこそ、「住まい」と呼べるのではないでしょうか。そのことを見失わないようにしたいと思います。

会社概要

名称 株式会社高千穂
創業 昭和45年5月15日 (法人設立:昭和49年6月11日)
資本金 79,227,500円
所在地

【本社】
〒220-8109 神奈川県横浜市西区みなとみらい2−2−1 横浜ランドマークタワー9階
電話:045-224-6070(代表)
FAX:045-224-6071(代表)

【ホームサービスセンター事業部】 所在地 同上
電話:045-641-1234(直通)
FAX:045-224-6072(直通)

【関連会社】 高千穂シラス株式会社
〒889-4602 宮崎県都城市山田町中霧島17-19

【販売本部】
〒220-8109 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー9階
電話:045-224-6077
FAX:045-224-6078

■代表 代表取締役社長 新留 昌泰
■取引金融機関 りそな銀行横浜西口支店/三菱東京UFJ銀行横浜中央支店/商工中金横浜駅西口支店
■沿革
昭和45年 5月
東京都墨田区にてシントメ建築設計事務所設立。
昭和49年 6月
高千穂ホームサービス(株)へ社名変更。横浜営業所開設。
昭和51年12月
本社を横浜市西区高島へ移転。
昭和56年 3月
社名を(株)高千穂に変更、本社を横浜市同区へ移転。
平成11年 4月
九州工場始業。
平成11年 5月
「薩摩中霧島壁」販売開始。
平成12年10月
「白洲そとん壁」販売開始。
平成13年 4月
ISO9001認証取得。
平成13年 5月
水辺のビオトープ「水澄まし」販売開始。
平成13年11月
雨水利用システム「みずがめ」販売開始。
平成14年 4月
「シラストントン」、「白洲土タタキ」販売開始。
平成14年 9月
「中霧島壁ライト」販売開始。
平成15年 3月
「Mr.シャットマン」、「Mr.ドライマン」販売開始。
平成16年 6月
本社を横浜市西区みなとみらいへ移転。
平成17年12月
「Biocera ビオセラ」販売開始。
平成18年 2月
「スーパー白洲そとん壁」販売開始。
平成20年 2月
「中霧島壁ライト ビオセラカラー」販売開始。
平成20年11月
シラス壁製造部門を「高千穂シラス株式会社」として分社化。
平成21年 1月
「クルクール」「スーパー白洲そとん壁W」販売開始。
平成22年 3月
「白洲リフォーム」販売開始。
平成23年 4月
シラス壁販売部門を「高千穂シラス株式会社」に統合。